このページの先頭です

浅田舞の胸が大きく女性も見惚れる美ボディーの秘密

50views

投稿日:

豊かで美しい胸!浅田舞の美ボディー作りとは?

大人の女性ムード漂う浅田舞さん。胸の大きさはもちろん、表情も明るくて姿勢もよく仕上がった美ボディーで女性からの支持もとても高いです。フィギュア選手を引退してからテレビや雑誌で見かける機会が一気に増えました。

推定Eカップのバストの持ち主ですが、浅田舞さん本人が言うには、フィギュア選手を引退する前から太っていたのですが、バストサイズだけを残してそれ以外のウエストやヒップについた邪魔な脂肪をなくせたことが大きな要因と言っています。

浅田舞の美ボディを手にいれるまでのエピソード

フィギアスケートの現役選手時代は、筋肉はしっかり付いていましたが、とても痩せていて胸もペッタンコだったみたいです。しかし、悩みやストレスから15キロも激太り!太ると一緒に胸も大きくなっていったようです。

選手時代は、胸が邪魔なのが嫌でサラシを巻いて演技を行っていたとか。現役を引退すると浅田舞さんは、自分の普段着がジャージばかりでまわりの女の子と比較して自分も女の子らしい流行りの服装をしなくちゃと思い、オシャレな服を買いに行きました。

しかし、ここで重大な問題が・・・。オシャレな服が入らなくて着れない!焦った浅田舞さんは、激太りした体を現役当時のように絞る決意をしてスポーツジムに通うようにしました。

筋トレ、ボクササイズ、ランニングなど色んなトレーニングをしてカラダを絞ったところ胸はそのままの大きさをキープ出来たまま痩せることに成功したようです。

ボクササイズやランニングなどの有酸素運動をしたら、普通は胸も一緒に痩せて小さくなります。ところが浅田舞さんは胸は小さくなりませんでした。

これは、もともとカラダの土台となる筋肉がしっかりついていたからだと思います。脂肪が特に目立つウエストやお尻がキレイに絞れて魅力的で大人の女性らしい美ボディを手にいれることが出来たのです。

浅田舞さん本人は、細いカラダのまま絞っても美胸にはならなかったのでは?と分析しています。胸が大きく女性も見惚れるほどの魅惑の美ボディで誰もが憧れるほどスタイルがいいですよね。

スタイルキープのために浅田舞がしていること

浅田舞さんが言うには、あくまでも「胸は大きさよりも形が重要」とのこと!今の形をこれからも崩さないためにとにかく保湿を重視しています。

お風呂上がりにはベビーオイルで全身をマッサージしてから、ニベアの青缶とワセリンを混ぜて、バストトップまで全身保湿をしているとか。高い商品ではないですが、その分たっぷり使えるから商品の値段にはこだわっていません。あくまでも自分が気に入ったものを使うというスタイルです。

保湿しながら脇や背中のお肉もバストにグリグリと持ってきています。ウエストを絞ることでくびれも出来てバストが更に際立ちスタイルも良く見えるようになります。

浅田舞さんは、バストも豊かですがあくまで全体のバランスを重視しています。もちろんバストケアも重要だけど、全身のバランスを整えるケアを怠っていません。姿勢も良くスラッとした女性らしい肉体を常にキープし続ける努力は素晴らしいです。

今では、オシャレな服をキレイに着こなせてとてもHAPPY!これからもオシャレを楽しみ、もちろん胸やスタイルを強調した服を着れるように楽しんでボディーケアをしていくと意気込んでいます。

浅田舞のバストケア術 総評

浅田舞さんの豊かで美しいバストは、太ってからバストだけを残して痩せるというものでした。痩せていたときは胸が大きくなかったことから、太ってから痩せるというのはバストアップにはいい方法だと思います。

しかし、胸を大きくしたい人がわざわざ太ることをしなくてもいいと思います。浅田舞さんのバストケアは、あくまでも今太っている人が実践すべき方法です。痩せた後のスタイルキープ術はさすがとしか言いようがありません。

太ってから痩せるというのは、バストアップ方法としては鉄板ですが、普通体型の人は、胸だけを大きくする方法を考えた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です