このページの先頭です

【ボルフィリンの危険性】バストアップに逆効果なの!?

117views

投稿日:

ボルフィリンのバストアップ効果

ボルフィリン危険性

バストアップクリームの主成分として使われているボルフィリンは、脂肪を増殖することが出来るとしてバストアップ効果が期待出来ると注目されている成分です。胸の約90%が脂肪できているので胸の脂肪を増やして定着させることが出来れば胸が大きくなるということですね。

それほど期待されるボルフィリンですが、全く危険性がないと言える成分なのでしょうか?最近では、バストアップに効果があると言われてきたプエラリアも過剰摂取すると女性ホルモンが乱れて危険とニュースでも報じられるようになりました。

肌に直接触れるものだから安全性はしっかり確認しておきたいですよね!そこで、ボルフィリンの危険性について検証していきます。

ボルフィリンの危険性

そもそもボルフィリンって何?

ボルフィリンはユリ科のハナスゲから抽出されたササポゲニンが主な成分です。このボルフィリンは脂肪を増殖させ、脂肪を蓄積させる働きがあります。

しかも、ボルフィリンはただ脂肪を増殖させるたけではなく、出来た脂肪は減りにくく維持することが出来ると言われているので、バストアップにはとても嬉しい成分なのです。

ボルフィリンの危険性はとても少ない

ボルフィリンは、まだ発見されてから間もないというのもありますが、肌荒れなどの副作用の報告はまだありません。自然由来の成分でもあるため、危険性は極めて少ない成分で安心して使うことが出来ると言ってもよいでしょう。

プエラリアやプラセンタなど、バストアップサプリのように体内に含めるものではなく、主にバストアップクリームとして外面からアプローチする成分なのでより安全ですね。

バストアップ効果大!でも・・・

ボルフィリンは、成分自体に肌へ与える危険性もなく、脂肪を増殖させることが期待できるため、バストアップにはとても効果がある成分と言えるでしょう。ボルフィリンが含まれたバストアップクリームを使うことで、胸を大きくすることは十分可能です。

でも、1点注意があります。それは、胸以外に使ってはいけないということです。

二の腕やお腹にボルフィリンが含まれるバストアップクリームを使うと二の腕が太くなった、お腹が出てきてしまった・・・、という恐れがあります。

そのため、胸と胸以外はしっかりと使い分けるようにしましょう。

バストアップクリームを塗るタイミングはお風呂上がりが一番肌へ浸透して良いのですが、腕や足、お腹は先にボディークリームでマッサージをして、仕上げに胸にバストアップクリームを塗るのがおすすめです。

デコルテ部分から胸と脇下、脇下は胸に脂肪を寄せ集めるようなイメージで行うと効果絶大です。塗り終わった後はしっかり手を洗いましょう。勿体無いからと言って、腕やお腹に塗るのは絶対NGですよ!

おすすめのバストアップクリーム

ボルフィリンが多く含まれたおすすめのバストアップクリームは、「ラシュシュナノプラス」です。今なら初回限定1円キャンペーン実施中です。

ボルフィリン危険性

ラシュシュナノプラスは、脂肪を増殖させるボルフィリンはもちろん、肌ツヤとハリを与えるセサフラッシュ配合で、魅力的な美バストをつくるのに優れたバストアップクリームです。全11種類の美容成分をナノ化することで、奥深い角質層までしっかり浸透させることが出来てハリのあるふっくらしたバストへ導いてくれます。

しかも、初回はラシュシュナノプラス1個(1ヶ月分)を1円で試せるキャンペーン実施中だから、胸の悩みが一つでもあるなら試してみないと損するかもしれません。

ラシュシュナノプラスの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です