このページの先頭です

バストの横流れが気になる!普段からすべき予防法とは!?

214views

投稿日:

ふっくらとした丸みのあるバストは女性なら誰もが憧れますよね♪ところが、バストのトップ位置が下がり、外向きになってかたちが崩れることに悩んでいる方も多いかと思います。鏡で自身の姿を見るのが嫌になってしまうことも・・・。

バストの横流れを防ぎ、カタチの整ったハリと弾力のあるバストを保つにはどのようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、バストの横流れを防ぐ方法について詳しく解説していきます。

バストの横流れの原因とは!?

まずは、バストの横流れになる原因を見ていきましょう。バストの横流れの原因は大きく分けて3つあります。

  1. バストまわりの筋力低下
  2. バスト揺れによるカタチ崩れ
  3. 体の歪みが原因のバスト崩れ

バストまわりの筋力が弱いと胸を支えることができずバストが下がります。そして、脇下や背中に脂肪が流れてしまうのでバストの横流れにつながります。

激しいバストの縦揺れも胸を支えるクーパー靭帯の損傷に大きな原因となります。一度切れたクーパー靭帯は、もとに戻ることがないので美しいバストを保つには、バストの縦揺れを防ぐのは必須のことなんです!

骨盤の歪みや猫背は、リンパの流れが悪くなり体全身の筋肉が硬くなり、カラダのめぐりが悪くなりむくみや胸に栄養が行き渡らないなど悪いことずくしです。

カラダの歪みはバストだけでなく全身に悪影響なので体の歪みを正し整えることはとても重要なことですね。

日常のケアがバストの横流れを防ぐ

バストの横流れを防ぐためには、日常のバストケアが非常に重要です。普段からしっかりケアをしてあげることでカタチの整った美バストをキープすることが出来ます。

また、バストの横流れが気になりだしたという方も今からしっかりバストケアして綺麗なバストを取り戻していきましょう。

バストの横流れを防ぐケア方法を紹介していきます。

バストまわりの筋力強化とリンパケア

肩や大胸筋は、胸の重みを支える大事な筋肉です。バストまわりの筋力強化は、バストの下垂れ、バストの横流れを防止するのに効果絶大なので普段からバストまわりの筋力強化をしましょう。

とは言っても、激しい筋トレまでする必要はありません。バストケアの筋トレは強度の軽い筋トレでも十分効果はありますし、ストレッチ程度の軽く筋肉を動かす動作でも十分バストまわりの筋力は強化出来ます。

また、リンパマッサージでめぐりの良い体内リズムを整えてあげることでつまりをなくしバストまわりがスッキリします。強度の軽い筋力強化とリンパケアをしっかりしてあげましょう。

姿勢を良くし体の歪みを正す

骨盤や猫背など、カラダの歪みはバストケアだけでなくダイエットにも悪影響です。リンパもつまりむくみの原因になるので普段から骨盤の歪みや猫背改善の努力をしましょう。

デスクワークの仕事をしている方であれば、適度な時間感覚で背伸びをしてみたり胸を張りながら肩まわしをするだけでも十分効果があります。

お金がかかりますが、整体を受けるのも姿勢を良くする一つの手段です。整体を一度受けるだけで猫背がすぐに直ったという方もいるので整体もおすすめです。

着けるブラにこだわる

ブラはバストを支える重要なアイテムです。ブラはつけていればどれでもいい、という感覚で着けていたり、寝るときはノーブラが楽だから着けないで寝ている、という方は要注意です。

しっかりと体型にフィットしてバストを支え、バストの横流れを防いでくれるブラを選んで着用するようにしましょう。

また、運動するときや寝るときはバストが大きく揺れるのでスポーツブラやナイトブラ など、そのシーンに合ったブラを着用するようにしましょう。

バストの横流れを防ぐのにオススメの商品!

バストの横流れを防ぎ、バストケアにとてもおすすめの商品がモテフィットです。

モテフィットサイズ

モテフィットは、人気YouTuberのてんちむがプロデュースした育乳ブラで、普段使いはもちろん、スポーツブラやナイトブラとしても使える万能タイプのブラです。

フリーサイズで伸縮性のある素材を使用しているので体型にジャストフィットし脇下や背中に流れる脂肪をしっかりキャッチし、バストの横流れを防いでくれます。

モテフィットは、2枚以上の購入で送料無料です。

モテフィットの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です