このページの先頭です

バストアップ成功の秘訣は女性ホルモン!?主な作用などを解説

258views

投稿日:

女性ホルモンとバストアップの関係

エストロゲンについて

エストロゲンは女性ホルモンの一種であり、卵巣にある卵胞で作られるので卵胞ホルモンとも呼ばれています。美容に役立つ多くの効果を持つことで美容ホルモンという呼び名も持ちますが、その効果にはバストアップ効果も含まれています。バストは約9割が脂肪で構成されており、残りの約1割を乳腺という組織が占めています。

そしてエストロゲンの分泌量が増えると乳腺が増加しますが、その際に乳腺を守る役割を持つ脂肪も増殖します。バストはその大半が脂肪なので、胸の脂肪を増やすとバストアップが成功します。そのため、多くのバストアップ方法はエストロゲンの作用を活性化して胸を大きくすることを目的にしています。

プロゲステロンについて

プロゲステロンは卵巣で作られる女性ホルモンであり、日本語では黄体ホルモンといいます。そして、エストロゲンが乳腺を増やす作用を持つことに対して、プロゲステロンは乳腺を発達させる作用を持ちます。

エストロゲンの効果で増えた乳腺がプロゲステロンにより発達することで乳腺周辺にある脂肪が増えるので、胸を大きくするにはこれら2つの女性ホルモンをバランスよく増やすことが大切です。

女性ホルモンを活性化する方法

バストアップマッサージ

バストアップマッサージを行うことで女性ホルモンの分泌を促進できます。また血管に老廃物が溜まると胸に女性ホルモンが届きにくくなりバストアップの成功を妨げられますが、バストアップマッサージを行うことで老廃物の排出を促して女性ホルモンが胸に届きやすい状態に血管を整えられます。

バストを下側から手で持ち上げてから、外側から内側へ円を描くように動かしながら刺激を与えることで胸にマッサージを施せます。

食生活を改善する

女性ホルモンの材料はタンパク質なので、体内のタンパク質が不足していると女性ホルモンの分泌を促す方法を実践しても十分な効果を得られません。そのため、女性ホルモンを増やしてバストアップを成功させるには、普段の食事にお肉やお魚、大豆といったタンパク質を多く含んだ食品を取り入れることが大切です。

また食品添加物を摂取するとホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌量が低下する場合があるので、バストアップを成功させるにはインスタント食品やレトルト食品の摂取を控える必要があります。

バストアップサプリを利用する

女性ホルモンの作用を活性化できる主なバストアップサプリの成分は以下の通りです。

プエラリア

プエラリアは亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科の植物であり、主にタイやミャンマーで採取されます。プエラリアに含まれているミロエステロールやデオキシミロエステロールなどの成分は、人間の体内で女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをすることで植物性エストロゲンと呼ばれています。

プエラリアを摂取することで乳腺の増加を促して胸を大きくする効果が得られます。植物性エストロゲンが含まれる成分は色々ありますが、その中でもプエラリアは特に高い効果を持ちます。そのため、人気ランキングの上位を占めるバストアップサプリの多くにプエラリアが配合されています。

ボロン

ボロンは主にキャベツやリンゴなどに多く含まれる成分で、日本語でホウ素とも呼ばれています。ボロンを摂取することで女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量を増やせるので、胸を大きくする効果が得られます。

しかしボロンは加熱調理すると簡単に失われる成分なので、食事から十分な量を摂取するには生のキャベツやリンゴを毎日大量に食べる必要があります。そのためボロンを摂取する際はバストアップサプリを利用することがお勧めです。

ワイルドヤム

ワイルドヤムはアメリカやメキシコに自生するヤマイモの一種です。栽培条件が非常に厳しいためあまり市場に流通していません。そしてワイルドヤムに含まれているジオスゲニンという成分は人間の体内で女性ホルモンの一種であるプロゲステロンと似た働きをします。

そのため天然黄体ホルモンとも呼ばれており、摂取することで乳腺の発達を促して胸を大きくする効果が得られます。日本の食生活で摂取する機会は稀なので、バストアップサプリを利用して摂取することがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です