このページの先頭です

バストアップを効果的に行うためにコーヒーを飲まない方が良い理由

255views

投稿日:

コーヒー好きに悲報!コーヒーはバストを小さくする?

コーヒーは、女性が好きな飲み物ランキングで上位に食い込むぐらい人気の飲み物です。おしゃれなカフェも多いですから、日常的に飲んでいる人も多いと思います。しかし、「コーヒーを飲むとバストが小さくなる」という話があるのをご存知ですか?

女性ならば、少なからず「胸を大きくする方法が知りたい」と思っているはずなので、これは放っておけない問題ですよね。一体どうしてこのようなことが言われているのでしょうか?

コーヒーに含まれているカフェインに原因がある

コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインに原因があると言われているのです。カフェインといえば、烏龍茶や緑茶、紅茶などにも含まれていますから、毎日摂取している人も多いと思います。だから、コーヒー以外の飲み物にも意識を向けておく必要があるのです。

カフェインがバストを小さくさせてしまう理由とは?

どうしてカフェインがバストを小さくさせてしまうのか?その理由をリサーチしてみました。

深い眠りが妨げられてしまう

眠りの深さとバストアップは影響しています。どうしてかというと、バストは寝ている間に成長するからです。だから、胸を大きくするためには質の良い眠りをとらなければいけません。カフェインには覚醒作用があり、眠りを妨げてしまうのは周知の事実ですよね?

その覚醒作用は3時間くらい持続するといわれているので、眠りにつく3時間前からはカフェインを取らないようにしなくちゃいけないのです。

貧血になりやすい

カフェインは鉄分の吸収を阻害する働きがあります。そうすると貧血になる可能性があるんです。貧血になると、血液の流れがスムーズではなくなります。そうすると、バストに十分な栄養が届かなくなるのです。これでは、バストアップサプリメントを服用しても水の泡になってしまいます。

ホルモンバランスが崩れる

カフェインは交感神経を優位にさせる働きがあります。そうすると、緊張したりストレスを感じたりして、興奮状態になってしまうのです。その結果、自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると言うことは、胸を大きくするための女性ホルモンが正常に分泌されないということです。

冷え性になる

カフェインは血管を縮小させる作用があるので、血行が悪くなり、冷え性になるのです。血行が悪いということは、女性ホルモンがバストに行き渡らないということ。それだけではなく、冷え性は体調に影響が出ますので、そもそも良いことではないのです。

カルシウム不足になる

カフェインは利尿作用があるのでトイレが近くなります。尿は、ビタミン、ミネラル、カルシウムを排出するのはご存知でしょうか?特に、カルシウムはバストの土台になる筋肉や骨を作る成分ですから、なるべく排出したくありません。

カルシウムが不足していると、たとえバストアップを成功できたとしても、形が崩れたり、垂れてしまったりしますから、もったいないことになります。したがって、カルシウム不足の人は、バストアップサプリメント以外にもマルチサプリメントが必要になってしまうのです。

そうすると、サプリメントを飲むのが面倒くさくなり、バストアップを諦めやすくなるので気を付けなければなりません。

ダイエット効果でバストが縮む

カフェインにはダイエット効果があるのをご存知でしょうか?カフェインを摂取すると脂肪分解酵素のリパーゼを活発化させてくれます。そうすると脂肪が燃焼されるのですが、バストの脂肪も一緒に燃焼してしまう可能性があるのです。

バストなんてほぼ脂肪の塊ですから、これは何としても避けたいところ!特に、「ダイエットするといつもバストから縮んでしまう、、、」という悩みを持っている女性はなおさら意識しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です