このページの先頭です

ブラをつけるだけで胸が大きくなる?!簡単バストアップ術を紹介

305views

投稿日:

簡単バストアップ術・1

育乳ブラを着用する

胸は約9割が脂肪組織なので、サイズの合わないブラジャーを着用すると下垂したり、脇や背中などの周囲に脂肪組織が流出して胸が小さくなる可能性があります。育乳ブラはこうした胸の特徴を利用して、逆に脇や背中にある贅肉を胸の一部として定着させて胸を大きくする製品です。

周囲の贅肉を利用するので、バストアップに加えて脇や背中のダイエットを実現できる便利な方法です。また、多くのブランドが様々なデザインの製品を販売しているので、通常のブラジャーと同じ感覚で手軽に利用できます。

バストアップサプリの使用

バストアップサプリとは、胸を大きくする作用を持った成分が配合されたサプリメントのことです。代表的なバストアップサプリの成分は以下の通りです。

ボロン

ボロンを摂取すると体内で女性ホルモンの分泌が活性化するため、乳腺の発達を促進してバストアップを成功させる効果が得られます。またボロンは主にキャベツに多く含まれている成分ですが、熱に弱いので食事によって摂取するためには大量のキャベツを毎日食べる必要があります。そのため、効率的にボロンを摂取するにはバストアップサプリを利用する必要があります。

プエラリア

プエラリアはミャンマーなどの落葉樹林に自生するマメ科の植物です。エストロゲンという女性ホルモンの一種とよく似た作用を持つ成分を豊富に含んでおり、摂取することで乳腺の発達を促進して胸を大きくする効果が得られます。

プエラリアはバストアップサプリに使用される多くの成分のなかでも特に効力が優れているため、バストアップサプリの人気ランキングで常に高い評価を得ています。

ワイルドヤム

ワイルドヤムは、メキシコやアメリカなどで採れるヤマイモの一種です。そしてワイルドヤムに含まれるジオスゲニンという成分は、体内でプロゲステロンという女性ホルモンの一種と同じような働きをします。

そのため、ワイルドヤムを摂取することで乳腺の発達を促進してバストを大きくする効果が得られます。また、プエラリアなどのエストロゲンの作用を強めるサプリの副作用で体内のホルモンバランスが乱れた際に、それを正常化する効果を発揮します。

簡単バストアップ術・2

適度な運動

身体が冷えると体内の血行が悪化するため、バストアップに必要な各種栄養分やホルモンなどがしっかりと胸に供給されなくなります。しかし、習慣的にウォーキングやジョギングなどの適度な運動を行うことで冷え性改善の効果が得られます。

また、運動不足だとホルモンバランスが乱れてバストアップに必要な女性ホルモンの分泌量が低下する場合もあるので、胸を大きくするには適度な運動が大切です。ただし激しく呼吸が乱れるような負荷の大きい運動をすると脂肪組織が燃焼するため、逆に胸が小さくなる可能性があります。そのため、少し汗をかく程度の運動にとどめておくことが大切です。

食生活の工夫

胸を大きくするために役立つ食生活の工夫は以下の通りです。

タンパク質を多く摂取する

バストアップの成功に必要な女性ホルモンの主な材料がタンパク質です。体内のタンパク質が不足すると、様々なバストアップ術を行っても十分な効果が得られません。したがって、胸を大きくするにはお肉やお魚などのタンパク質を豊富に含む食材が使用された料理を積極的に摂取する必要があります。

コーヒーの摂取量を減らす

スウェーデンの大学が行った研究により、コーヒーを1日に3杯以上飲む女性はそれ以外の女性と較べて平均17%も胸が小さいことが明らかになりました。主にコーヒーに多く含まれているカフェインの持っている脂肪燃焼効果が原因だと考えられているので、バストアップを成功させるにはコーヒーの摂取量を減らす必要があります。

入浴する

多忙な時期などに入浴せずにシャワーだけで済ませる方が多いですが、バストアップを成功させるにはしっかり入浴することが大切です。

お湯に浸かって身体を温めることで血行が促進されるため、バストアップに必要な栄養分や各種ホルモンがスムーズに胸まで供給されてバストアップが成功しやすくなります。また、熱いお風呂に短時間だけ浸かる場合よりも、40度以下のぬるま湯に長く浸かる方がより高い効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です