このページの先頭です

産後に伸びたクーパー靭帯修復|これを知らないと後悔する!

272views

投稿日:

産後に伸びたクーパー靭帯を修復したい!

産後クーパー靭帯

産後に胸が垂れやすいのはなぜ!?

出産、授乳を終えたママさんの悩みの一つが胸の下垂れです。
出産から授乳期間は、赤ちゃんに母乳を与えることから、女性ホルモンの影響で自然とバストサイズが2サイズ程度大きくなるんです。

ところが、授乳期間が終わると自然にバストサイズは元通り!出産、授乳期間中に大きくなった胸の重みでバストが下垂れしてしまい悩んでいるママさんは非常に多いんです。

バストの下垂れを防ぎ、支えているのがクーパー靭帯です。クーパー靭帯が切れたり伸びてしまうとバストが垂れてしまう大きな原因になってしまうんですね。

クーパー靭帯は胸の命綱!

クーパー靭帯は、バストを支える役割を担っています。
クーパー靭帯が伸びてしまうとバストが垂れて下向きバストになったり、脇下や背中に脂肪が流れやすく離れ乳の原因にもなります。

クーパー靭帯はまさに胸の命綱!
クーパー靭帯は一度切れてしまったり伸びてしまうと修復は難しいです。そのため、クーパー靭帯を損傷しないように常にバストケアをすることが重要です。

でも、産後や授乳期間は、赤ちゃんを第一に考えるので容姿には気をつかわない傾向があります。母乳を蓄えるためにバストサイズも不安定になりやすくブラをつけなかったり、ゆったりする服装をしがちなんですよね。

産後や授乳期間は、バストケアが難しくクーパー靭帯をいためやすいのでどうしてもバストの形が崩れやすいです。さらに、授乳期間が終わるとバストサイズがもとの大きさに戻るのでバストが垂れて形も崩れて散々なスタイルになってガッカリしてしまうママさんも多いです。

伸びたクーパー靭帯は修復出来るの!?

産後クーパー靭帯

一度伸びたり切れたクーパー靭帯を修復するのは難しいです。美容外科でも手術してクーパー靭帯を修復するのも現段階では出来ないようです。

バストケアは普段から行う必要があり、妊娠〜出産、授乳期間中は難しいですが、出産後も美しいバストをキープしたいのであればバストケアをしっかり行う必要があります。妊娠から産後の期間中のバストケアでおすすめなのがリンパマッサージです。

妊娠から産後期間中におすすめのリンパマッサージ

妊娠してから産後は体が正常に戻るまでパワー不足になりがちです。首から下腹にある任脈経を意識してマッサージすることで回復を早め全身の気流を充実させることが出来ます。

母乳が出やすいからだづくりにも効果的でバストケアにも役立ちます。下腹の中心から首元までさするイメージでマッサージしてあげるだけでも効果があります。

首からデコルテをさするマッサージやバストの上下を揉むだけのマッサージでも十分妊娠から産後期間のバストケアとしてとても効果があります。

妊娠してから産後までの期間はどうしてもゆったりした服装になりがちですが、だからこそバストケアを意識したマッサージは美しいスタイルをキープするためにも重要なんです。

女優やモデルは、産後も美しいスタイルをキープしています。体づくりが仕事でもあるので、女優やモデルと比較するのはちょっと違うかもしれませんが、それでも、しっかりケアしてあげれば産後も綺麗なバストを保つことが出来ると言えますね♪

産後のバストケアにおすすめの商品

産後のバストケアにおすすめの商品がヴィアージュナイトブラです。 ナイトブラといいながらも普段使いも出来る万能ブラです。

緩すぎず程よい締め付け感のあるブラで脇や背中に流れた脂肪も胸へしっかり寄せ上げ!形の崩れたバストも綺麗にハリと弾力のある胸へと導いてくれます。

ヴィアージュナイトブラは公式サイトからの購入が一番安くお得です。

ヴィアージュナイトブラのサイズ選び

商品価格が2,980円のところ2枚セットは5,960円で送料無料!3枚セットから専用の洗濯ネットがが貰えます。

ヴィアージュの詳細はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です