このページの先頭です

プエラリアの副作用|健康被害は心配しなくて大丈夫?

271views

投稿日:

プエラリアの副作用について

近年、プエラリアを含むバストアップサプリの利用者から健康被害に関する報道がありました。副作用の多くは、頭痛・吐き気・首筋の痛み・月経不順・ニキビや吹き出物が増えたといった体の不調です。

プエラリアは、タイやミャンマーに自生するマメ科クズ属の植物のことで、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンを含んでいます。このエストロゲンが女性の乳房や、腰回りなどの皮下脂肪を増やして女性らしい丸みのある体に作り上げる効果があると言われています。そのため、プエラリアは、バストアップや美容に効果を発揮しバストアップサプリでも主要な原材料として多くの商品に含まれています。

プエラリアは、女性ホルモンの分泌を促進しバストアップ効果を高めますが、過剰摂取によりホルモンバランスが崩れるなど思わぬ副作用につながる場合もあります。そのため、目安量を超えた安易な摂取は控える必要があります。副作用を訴えるマイナス報道があるため、バストアップサプリを辞めた方がいい?と思う方もいらっしゃると思いますが一概にもそうとも言えません。

エストロゲン不足が老化の原因に!

プエラリアに含まれるエストロゲンは過剰摂取はもちろん良くありませんが、不足しすぎると肌の水分量が減って肌トラブルを引き起こしたりコラーゲンの衰えで肌にハリがなくなってきます。また、抜け毛の増加や髪が細くなる・艶がなくなるなど、体のあらゆる場所で老化を促進してしまうことになるでしょう。

要はバランスが重要ということです。摂取しすぎてもダメだし少なすぎても良くありません。美容にもバストアップにも良い量のエストロゲンを毎日の食事だけで補うのは簡単ではありません。そう考えるとプエラリアを含むバストアップサプリを毎日適量の範囲内で摂取するというのが一番効果的という結論に至ります。エストロゲンは、加齢とともに分泌量が減っていくのでいつまでも若々しくいるためには、必要な量を体内に取り入れることが重要なんです。

プエラリアの副作用をおこさないための飲み方は?

摂取量を必ず守る

バストアップサプリは、商品ごとに1日の摂取量が決められているので過剰摂取せずに決められた摂取量を守るようにしてください。また、1日のプエラリアの上限摂取量は400mgまでとしましょう。上限範囲内でも体調が悪くなった場合は、すぐに服用をやめて様子を見るようにしましょう。

また、プエラリアにも質があり純度も異なるのでより高品質で高純度のプエラリアを使用したバストアップサプリを選ぶことが重要です。信頼出来る販売元・商品を選び服用するにしましょう。

飲む時期に注意する

女性ホルモンの影響を受けやすい時期はバストアップサプリの服用は避けるようにしましょう。具体的には、整理中・妊娠や授乳中・生殖系の病気・乳がんや子宮がんなど女性特有のがんがある場合は飲まない方が良いでしょう。

また、年齢が18歳未満や高校生の方の場合は、女性ホルモンが多く分泌されている時期でもあることから、この時期からバストアップサプリに頼るのも良くないとされています。実際に、健康被害を訴える方の傾向として若い世代の方が多かったです。

体調がすぐれないときに無理をして飲むのも良くないため、バストアップサプリを服用する際は十分気をつけてください。

プエラリアに頼らないバストアップ方法も試してみる

最近では、プエラリアを一切使用していないバストアップサプリも販売されて来ました。プエラリアの副作用が怖いのであればプエラリアを使用していないサプリを使用しましょう。

また、育乳ブラやバストアップクリームといったバストアップ方法もあるので試してみる価値はあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です