このページの先頭です

産後・授乳中に胸が垂れる原因

449views

投稿日:

産後や授乳中は胸が垂れやすい

  • 赤ちゃんを産んでから胸が垂れた
  • 妊娠してから胸は大きくなったけど卒乳後に胸が垂れてしぼんでしまった

産後や授乳中に胸の形が崩れて悩んでいる人も多いと思います。出産後と言えど女性ならいつまでも美しくいたいと思うのは当然で、ましてや女性の象徴とも言える胸が垂れ下がってしまうのはショックですよね。ここでは、産後や授乳中に胸が垂れてしまう原因と今から出来る改善策について紹介していきます。

妊娠中・出産後は胸が大きくなる

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が活発になることから胸が大きくなり、ハリのある胸になっていきます。赤ちゃんに授乳する準備をするために乳腺が発達し、出産後は母乳でパンパンに膨れ上がって2サイズ大きくなるのも珍しくはありません。人生で一番胸が大きくなったという時期が妊娠中〜産後と答える女性はとても多いです。

胸が重くなり垂れやすい状況に

産後・授乳中は胸が大きくなりますが、重みで胸が垂れやすくなります。妊娠から産後の初期は、胸にハリがあるため垂れにくいのですが、しばらくすると胸のハリもなくなってきます。ハリがなくなると胸は垂れやすくなります。

胸の皮が伸びるのも垂れる原因

授乳中の女性の胸は大きくなったり小さくなったりと変化が激しいです。これは授乳が関係しているのですが、赤ちゃんに母乳を与えると胸はしぼみ、間隔をあけると次の母乳を与える準備をして胸が大きくなります。胸が膨らむ・縮むの繰り返しで皮が伸びてしまうのも胸が垂れる大きな原因です。胸に限らず伸びた皮をもとに戻すのはとても大変です。

出産から1年後に胸の大きさがもとに戻る

出産してから1年経過した頃に卒乳する人が多いですが、胸の大きさは妊娠前に戻ってしまいます。大きくなった胸の重みで胸を支えるクーパー靭帯が傷つき、胸の皮も伸びるため形はとても崩れやすいのです。せっかく胸が大きくなったのにもとに戻って妊娠前よりも胸の形が崩れてしまうのは相当ショックです。

産後・授乳中も美バストをキープするために

このように、産後・授乳中は胸の大きさの変化が多いことから形を整えるのはとても難しいです。卒乳後も綺麗な美バストをキープするためには、日々のバストケアが重要です。理想は妊娠初期からしっかりバストケアすること!これにつきます。

一番効果的なのはバストマッサージです。胸と大きなリンパがある脇下は毎日マッサージをしましょう。バストケアクリームを使うとより効果的です。妊娠・授乳中は胸が大きくハリのある胸になり安心感でバストケアを怠りがちですがとても重要です。

赤ちゃんの授乳で胸がかぶれるなど肌トラブルもあるのでバストケアクリームを塗ると肌トラブルの防止にもなります。

ブラにもこだわりましょう。産前から産後まではマタニティブラを着けるのが一般的ですがハーフトップタイプではなく、なるべくブラジャータイプにしましょう。ハーフトップタイプは締め付けが少ないですが、胸を支えるという点では弱いです。

しかも、授乳中は赤ちゃんを育てることに一生懸命になることが多く、ご自身の容姿に気を遣わない人も多いと思います。授乳のたびにブラを外すのが面倒で常にノーブラで過ごしているという方も多いです。ノーブラで過ごすのは胸の揺れを抑えることが出来ないため垂れる大きな要因です。

出産をした女優やモデルの方も、以前と全く変わらないスタイルの方が多いですよね。一度体型が崩れてもあっという間にもとのスタイルに戻す!容姿をキープするのも仕事みたいなものなので当然と言えば当然ですが、どなたでも努力次第でもとのスタイルに戻すことは可能なので美バストをキープするためにも諦めないでバストケアに努めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です