このページの先頭です

卒乳後に体重増加してマジやばい!太らないためにすべきボディケアとは?

114views

投稿日:

卒乳後 体重増加 太らないために

出産から母乳育児期間の約6ヶ月間は、母乳で赤ちゃんに栄養を与えるため、痩せるのに最適な期間でもあります。でも、卒乳後は10kgとか一気に体重増加して悲鳴を上げるママさんも多いです。

妊娠してから卒乳までは、体型の変化が激しいことから苦労しているママさんが非常に多いです。理想は、妊娠前の体型、体重に戻すことですがこれがなかなか難しいのです。

どうして母乳育児中は痩せて卒乳後は太るの?

母乳育児中は、平均して500〜700キロカロリーが母乳生成のエネルギーとして消費されます。一般女性の1日の平均摂取カロリーは2000〜2200キロカロリーだから、1日2500キロカロリーはエネルギー摂取しないと痩せていってしまうことになります。

だから、たくさん食べても全く太らず、むしろゲッソリ痩せていってしまうママさんが非常に多いのです。それだけ赤ちゃんに与える母乳はエネルギー消費が激しいということなんですね。さらに、家事、育児と体を休めることなく動いているからたくさん食べても痩せていってしまうのです。

卒乳後 体重増加 太らないために

授乳中の食生活に慣れてきてしまうと卒乳してから母乳も必要なくなってエネルギー消費が極端に少なくなってしまうんです。だから、授乳中と同じような食生活をしていたら一気に太ってしまいます。「卒乳後に体重増加してマジやばい!」って思うんですね。

卒乳後に体重増加する多くのケースは、授乳中と同じ食生活をしていることなんです。太らないためにいきなり食事量を減らすといっても中々出来るものではありません。

しかも、授乳中はおっぱいに母乳を蓄えておく必要があるからバストサイズも2カップ程度大きくなるのは当たり前なのですが、授乳後は一気に萎んでしまいます。おっぱいが大きくなったときに重みで垂れてしまうからボディーラインも残念なことに・・・。

胸も萎んで体重増加してママさんにとってはガクってきてしまいますね。

卒乳後太らないために食事を見直そう

卒乳後 体重増加 太らないために

授乳中は、母乳生成でエネルギー消費も激しくお腹もすぐに空くからたくさん食べてもOKでした。むしろ、食べないと体が持たないぐらいでした。でも、卒乳後は妊娠前の食事量、栄養摂取まで戻す必要があります。

母乳育児から離乳食になるのは出産から7ヶ月程度ですが、卒乳と同時に徐々に食事量を減らして妊娠前までに戻すようにしましょう。

適度に軽い運動やストレッチもスタートしよう

卒乳後 体重増加 太らないために

妊娠から出産までは赤ちゃんがお腹にいるから好きなように運動出来なかったと思います。でも、卒乳と同時に軽い運動とストレッチを取り入れるようにしましょう。

母乳でエネルギー消費が激しかったですが、卒乳するとエネルギーを消費するためには体を動かす以外ありません。さらに、筋力の低下も重なって基礎代謝も大幅に下がっているため、リハビリを兼ねて軽い運動やストレッチも始める時期とも言えます。

基礎代謝も妊娠前までに戻すことが出来れば妊娠前までの体型に戻す準備が出来たと言えます。妊娠から卒乳までは体がどうしても不安定になりがちです。

普段から運動をされていた女性は特に自由に体を動かすことが出来ず、反動で体型が大きく崩れてしまったというママさんも多いです。卒乳後は、従来の生活リズムにもどすことを意識してジョジョに運動をはじめる時期でもありますね。

補正下着を使ってみる

卒乳後に体重増加してしまった体をスリムにするために補正下着を使うというのも大きな効果があります。でも、補正下着って結構高くて、特にオーダーメイドで自分の体に合ったものを使うとなるとかなり高いのです。

そこで、お手頃価格で使えるブラとショーツがあるので紹介しますね。

アンジェリールの「ふんわりルームブラ」「キュッとふんわりショーツ」です。

ブラとショーツのセットで6460円で購入出来て送料無料!デザインも可愛いのでとても人気がある商品です。しかも、2枚セットだと5%引きの12,274円で購入出来ます。

卒乳後 体重増加 太らないために

ブラは、睡眠中のバストの横流れや沈みを防いでくれて、しかもワキや背中の脂肪も胸に寄せ集めてくれる育乳ブラです。ショーツは、骨盤矯正してくれるから姿勢を正してくれてポッコリお腹解消にも貢献してくれます。

ナイトブラと言いながらも普段使い出来るから着けているときは常にボディラインを綺麗に矯正してくれます。毎日使うものだから複数枚持っておいた方がいい商品ですね。

ふんわりルームブラの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です