このページの先頭です

運動で痩せると胸が小さくなる?バストサイズをキープする方法は

482views

投稿日:

痩せると胸が小さくなる!

運動して痩せると胸が小さくなるってよく聞きますよね。辛いダイエットに成功して喜ぶ反面、バストサイズが小さくなってしまったと悲しむ女性が多いのも事実・・・。運動で痩せても以前と同じバストサイズをキープするにはどうすれば良いのでしょうか?

痩せると胸が小さくなる理由

胸は9割の脂肪と乳腺で出来ており、ほとんどが脂肪です。運動して痩せるとお腹や太もも、二の腕など気になる部分の脂肪が減りますが、それと同時にほとんどが脂肪で出来ている胸の脂肪も減りバストサイズが小さくなってしまうのです。

しかし、バストサイズが小さくなったと言っても脇や背中の脂肪も減っているため、単純に乳房だけがサイズダウンしているわけではありません。運動で痩せるとウエストやヒップの脂肪も減ってサイズダウンしているのでスタイル自体は格段に良くなっています。

運動で痩せてもそれほど落胆する必要はなく、むしろ良いことです。痩せた今の姿と痩せる前の姿どっちがいいと自分に問いかけたら痩せた今の姿がいいと言うに決まってますよね!

運動で痩せた場合、トップバストだけでなくアンダーバストも小さくなっているはずなので実際の胸のボリュームは以前とそれほど変わっていないというケースが多いです。

それでもバストサイズはキープしたい!

運動で痩せても胸は以前のバストサイズをキープしたい!!なんてワガママなご意見と思いますが美意識が高いのが女性です。バストサイズはダイエット前と同じでいたいと思っている女性がほとんどだと思います。

運動して痩せたら胸が小さくなる、これはこういうものだと割り切るしかありません。それでもバストサイズをキープしたいのであれば、日常生活をバストアップ効果のある行動をするように意識を変えて取り組んでいく必要があるのです。

バストアップ効果のある行動
  • 食べるものにこだわる
  • 運動するときはスポーツブラを着ける
  • 大胸筋を鍛える
  • 血流・リンパの流れを良くする

食事にこだわる

バストアップ効果の高い食材を積極的に摂取するようにしましょう。特にダイエット中は食事制限をする人も多いですが必要な食べ物はしっかり食べるようにしましょう。重要はなのは、良質なたんぱく質を多く含んだ食材をしっかり食べるということです。

良質なたんぱく質を含んだ食材は、バストアップ効果を高めてくれます。具体的には、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品、肉類では低カロリー・高たんぱくの鶏肉、森のバターと言われるアボカドもバストアップに良いと言われています。

カロリーの多い炭水化物は抑え、たんぱく質は多めに摂取する。これが、バストサイズを落とさずに痩せる食事の基本です。

運動するときはスポーツブラを着ける

運動は、胸が上下に大きく揺れます。胸が揺れると胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうため胸が垂れる大きな原因になります。胸が垂れるのもバストサイズを小さくしてしまう要因になります。

そのため、運動時はスポーツブラを絶対に着用してください。スポーツブラは、通常のブラジャーとは違い、胸の下揺れを防ぐように設計されています。クーパー靭帯は一度伸びたり切れてしまうと修復は出来ないので注意が必要です。運動するときは、軽いランニングだとしてもスポーツブラを着けるようにしましょう。

大胸筋を鍛える

胸の土台とも言える大胸筋を鍛えることでバストアップ効果を高めることが出来ます。大胸筋を鍛えるトレーニングは腕立て伏せです。筋力に自信がない場合は膝をついて行いましょう。

毎日少しでも腕立て伏せをして大胸筋を鍛えることで胸を支える土台がしっかりと出来上がります。腕立て伏せよりも強度を下げる方法ですが、胸の前で手のひらを合わせる合掌のポーズでも効果があります。

血流・リンパの流れを良くする

血流の循環、リンパの流れを良くすることはダイエットにもバストアップにも効果があります。そのため、血流やリンパの流れを良くする行動を積極的にしましょう。具体的にはストレッチ、毎日シャワーではなく湯船にしっかり浸かる、入浴中や入浴後のバストマッサージです。血流の循環やリンパの流れを良くすることは冷え性改善にも効果的なので毎日続けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です