このページの先頭です

有酸素運動でバストダウンが心配!でも痩せたい時は?

100views

投稿日:

有酸素運動バストダウン

脂肪燃焼してダイエットするのにおすすめなのが有酸素運動!

20分以上軽く息を吐く程度の運動をすると脂肪が燃焼しはじめるといいます。でも、いくら有酸素運動がダイエットにいいとおってもバストダウンしたくないという女性の方もいらっしゃると思います。

胸は9割が脂肪なのでダイエットするとバストサイズも下がるというのは自然なことです。痩せたい、でもバストダウンしたくないというわがままは望みは捨てた方が良いのでしょうか?

有酸素運動で痩せてもそんなにバストダウンしない

有酸素運動バストダウン

  • ダイエットしたら胸が小さくなった
  • EカップだったのにCカップになった

このような話を良くききます。でも、極度なダイエットで痩せない限り極端に胸が小さくなることはないんです。

確かに、胸は90%が脂肪だから有酸素運動で痩せたら胸の脂肪も減ってバストサイズが下がるのは当然です。でも、胸だけ痩せることはないしアンダーバスト、ウエスト、足、二の腕とか体の気になる部分も全体的に痩せてくからよりメリハリのあるボディーラインになります。

だから、実際はバストサイズが下がってもアンダーも下がるからカップサイズに変化はほぼありません。しかも、痩せた方が胸も立体的に見えるようになるからとても綺麗なプロポーションになります。

例えば、痩せ体型でDカップの人とぽっちゃり体型でDカップの人、どっちが綺麗かと言えば痩せ体型でDカップの人ですよね。しかも、ぽっちゃり体型だと胸が大きくて当然と思われるから、やっぱり痩せ体型で胸が大きい方がいいに決まってます。

有酸素運動だけではなく胸まわりの筋トレもしよう

バストダウンをしないために有酸素運動をするだけでなく筋トレも取り入れましょう。特に胸まわりの筋トレは絶対やった方がいいですよ。

腕立て伏せ、キツければ合唱のポーズでもいいです。

有酸素運動バストダウン

筋トレはどうしてもキツイという場合はストレッチやヨガでも十分効果はあります。

  • 両手を真上にあげる万歳のポーズ
  • 両手を水平に開いて胸を開き肩甲骨を閉めるポーズ
  • 肩まわしで肩をほぐす

有酸素運動だけでなく大胸筋を鍛える、胸まわりの筋肉をほぐすことを意識して行うことでバストダウンしにくい体に変わっていきます。しかも、猫背改善にも効果があるから姿勢も良くなってより美しい体に!

胸まわりの筋力が弱いとどうしても胸の下垂れの原因になってしまいます。有酸素運動+胸まわりの筋トレで体全体が痩せても胸痩せしない土台づくりをしていきましょう。

胸の下垂れを防ぐためにスポーツブラを着ける

一般的なブラは日常生活での胸揺れを防ぐ効果しかありません。軽いジョギング程度でも胸は縦に揺れるので一般的なブラで運動すると胸が垂れる大きな原因になります。

そのため、ジョギングのような軽い有酸素運動をするときでもスポーツブラを着用してから運動するようにしてください。スポーツブラは、胸のホールド感も強く縦揺れを防ぐ構造になっているので運動で胸が垂れることを防いでくれます。

でも、毎回着替えるのは面倒くさい

運動するたびにスポーツブラを着けかえるのは面倒ですよね。

そこでおすすめなのが日常だけでなく運動、さらに寝るときでもどんなシーンでも使えるブラを着用すること!YouTuberとしても人気のてんちむプロデュースのモテフィットはどんなシーンでも使えるから着替える必要なしなんです。

有酸素運動バストダウン

育乳ブラとしても使えるから、着けてる時間は常に育乳時間!

バストアップ効果を最大限に高めてくれるのがモテフィットです。てんちむはもともとAカップだったのですが、今ではEカップの立派なバストに育っています。そんなてんちむがプロデュースしたブラだからこそ信頼性はとても高いです。

有酸素運動で痩せてもバストはそのままに!

バストダウンを防いでくれるモテフィットで綺麗に痩せてより魅力的なボディーラインを手に入れましょう。

モテフィットの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です